FC2ブログ

ファンタスティックビースト(無印)

2018/12/12
この前テレビでやってたファンタスティックビーストを見ました。
正直ハリポタあんま好きじゃなかったのでどうなんだろうなと思ってたけど普通に面白かったんだよな。
なんかハリポタは魔法「「「学校」」」感を出そうとする感じが合わなかったのかもなとか思った。「子供」同士のやりとりをわざわざ描こうとする感じというか。なんかちゃんとした言葉で説明できないんですけど、まあ伝わる人に伝わってください。

で、なんで記事書こうと思ったかというとラスト付近のシーンがめっちゃいいなと思ったからです。あの忘却雨のシーン。

まずあの女の人(名前一人も覚えてねぇな……)が傘をおっちゃんに差し出すシーンが滅茶苦茶よくて、あそこで傘をさしてあげるのって、なんというかおっちゃんが濡れてるのが普通に可哀想という気持ち(親愛の情)と、忘れないでほしいとか最後に何かを残したいっていう気持ちが、普通の忘却の魔法ではなく忘却雨で描かれていることで重なりあってるのが凄くいいなと思う。でもって、雨自体がすごく画面に映えてるのもよい。

で、しかもそのあといざおっちゃんが忘却雨に当たり続け、記憶を失ったあとがすごくよくて、BGMが悲し気な感じじゃなくて、たぶんあのおっちゃんのテーマBGMだった気がするんだけど、軽快でちょっとおどけた音楽なんだよね。なんというか、記憶は魔法で消されてしまうけれど、それでもその時間があったことは事実だし、そしてこのおっちゃんの人生はその経験を忘れたことで終わってしまったりはせず、ちゃんとあのおっちゃんの人生として続いていくんだというか、なんだろう、悲しいかもしれないけど悲劇ではまったくないんだという感じで、なんかすっごくよかったんだよな。

というわけで激短記事ですがここで終わりです。終わり。

スポンサーサイト
comment (0) @ なにかを語る

古戦場革命黙示録ウテナ

2018/11/21
グラブルの古戦場でひたっすら周回してる横でずっと流してたウテナを見終わった。39話は長いなぁ……。
全体的には面白かったからいいんだけど、七実が牛になるやつとかの完全ギャグ回はなんか「いやたぶんこれ本筋に一ミリも関係ないギャグ回だと思うけど……」という気持ちになりつつもなんか重要な話が出てくる可能性を捨てられずに一応ぜんぶ見て「うん、たぶんあんま本筋に関係ないやつだ……」と確認した瞬間とかは何とも言えない気持ちになった。
しかし七実ちゃんを見ていて思ったのは、コメディキャラにちゃんと内面の問題や背景持たせるとマジで万能なキャラクターになりますね。なんかものすごく意味不明な動きもさせられるし、しかもその意味不明な動きからちゃんとした話につなげられる重みもあるキャラクターになって、作劇上めっちゃ偉い働きをしている感じがする。

古戦場の横で見てたからめっちゃ不真面目な視聴態度で、インターネット蛮族に殴られるかもしれねぇなとは思うんだけど、しかし古戦場横視聴には一個明確な利点があって、ウテナの場合だと時代を感じてきびしい気持ちになる部分を古戦場に脳のリソースを割くことでそれとなく誤魔化せることですね。おそらく古戦場視聴はいろんなきびしさを誤魔化せる。

幹、梢の薫兄弟絡みの話が好きだったかな。始めの幹との決闘回の終わりの「私がピアノうまかったんじゃなくて、どんなに適当に弾こうと幹がうまく合わせてくれただけ」みたいな終わり方が好きだったから、梢決闘回で梢が普通にピアノうまく弾いてるのはなんかやや嫌な気持ちになったけど、まああの回では梢側が幹に対して上位になる必要があって拙い演奏をさせにくかったのはわかる。
樹璃先輩周りの話ははじめの方はそんなにって感じだったけど土谷先輩が出てくる話はちょっと好きになってしまった。お前絶対もっと百万倍マシなアプローチあったでしょ……、とは思うんだけど病院の話のエモさに負けてしまう。



まあウテナ自体の話はそんなところなんだけど、なんかウテナ見てて思ったのが「お話の中で、受動的であることってかなり悪として書かれがちだよなぁ……」みたいなところです。
別にウテナ自体はその辺に対してはなんか過度な能動も受動も非難されてる感じなんで別にそこまで偏ってる感じはしないんですけどね。
でも主人公はウテナで、彼女のお姫様ではなく王子様というスタンスはまあ能動への意思だよな。

まあそもそも、お話を書く上で能動を正義にしてしまうのは重力だよなとは思う。概ね主人公は正義に寄りやすくて、そして物語を進めるために主人公には何らかの意志のもとで能動的に動いてほしくなるから、結果として能動を称賛することになりがちなんじゃないかな、たぶん。

あとはそこと絡んで「女の子が王子様を目指す話」は描きやすいだろうけど、「男の子がお姫さまを目指す話」とかは書きにくいだろうなぁとも思った。でもだんだんそういう話をやれそうな時代になってきているなとも思います。全然そういう話ではないんですけど、『不可解なぼくのすべてを』みたいな話が出てくるのって、なんかそういう方向じゃないかと思うんだよな。(曖昧指示語地獄)

なんか前から時折言ってる気がするんだけど、能動性とか、自らの欠点を「乗り越える」ことを称賛する話が凄く嫌なんだよな。社会に決められた正しさによって「私」を変えさせられてるのに、それが無邪気に称賛されるの凄く怖くないですか。(では社会じゃない何を基準にするのか、といわれるとまあ困っちゃう気もするけど)
俺は消極的で受動的でよくない自分のまま、それでもいろいろ誤魔化してなんとなくやっていきたいよ。
「あなたも一歩踏み出せば変われる」みたいな価値観が凄く怖い。私は変わらなきゃいけないんですか? 変わるべきだと、誰かが答える。

comment (0) @ 未分類

文学フリマで僕と悪手

2018/11/17
というわけで、文フリに出るサークル2か所に文章書いてます。

〇不毛連盟『ボクラ・ネクラ』


まずこっちはなんか企画段階とかからある程度関わらせてもらった団体です。俺の主な役割としては企画会議の際に毎回佐藤友哉の悪口を言う係でした。

企画段階裏話としては、一時期サークル名や誌名が『インテリ・ボルケイノ feat.初音ミク』になりかけていた時期があって、これがその時期に作った表紙案です。まあだから何という話ではあります。なお、当時も今も、別に初音ミクの話をするサークルではありません。
インテリボルケイノ

また、その後の名前相談フェイズで俺が出した案の中から本当にゴミだったなと思うものをピックアップすると団体名『黒焦げ呪詛の会』(黒後家蜘蛛の会)、雑誌名『トムへの供物』あたりかなと思います。前者はなんかうまい事言おうとして全然うまくできてないところがゴミで、後者はごく単純にゴミだなというのがいま見返しての感想です。

俺じゃない人間が出した案で逆に俺がめっちゃ気に入ってたのは雑誌名『10戒原理主義』団体名「中国人差別を許さない会」という最速矛盾コンボネームでしたが、流石にこの名前を背負っていく勇気は我々にはありませんでした。

かなり脱線したので本筋に戻りますが、自分の記事としては「私たちは御見物衆か? -Are we dirty brother killers?-」と題した評論で、時折ミステリにある「殺人事件を望む読者こそが真の犯人である」という話と、時折ゲームにある「プレイヤーへの糾弾」みたいな話を絡めて語ろう、みたいなやつです。
自分としては書いてて割と面白かったのが「虚無への供物とととのって割と構造近いんじゃないかな」みたいなところとかですね。気になった方は購入をご検討いただければなと思います。



〇ワンダー文学クラブ『カレイドスコオプ』


こちらの団体にも、ひとつ評論を寄稿させていただいています。

ところで叙述トリック評論やります、とタイトルで示した後に「この評論には『○○○○』、『□□□□』のネタバレが含まれます」と注意書きをすると注意書き自体がほとんどネタばれと化すのかなりのハメ技だと思いませんか? 以降ハメ技注意なので気にする人は気にしてこの先の文章少し飛ばしてください。

「トリックの向こう側 -叙述トリックに前景化される、トリックによる世界の変革について-」と題して、『虹の歯ブラシ』を比較対象としながら主に『インテリぶる少女とハメたい先生』の物語のつくりの上手さを語る、というような内容です。
どうでもいい話ですが、どことなく夜空のような清冽さのあるこの表紙を持つ雑誌にインテリぶるの評論を書いてしまったことにはやや申し訳なさを感じています。まあでも万華鏡ですからね。時折悪辣な景色が見えてしまうこともあるでしょうということでご寛恕を。




というわけで、文フリに2つ文章を寄稿していますが、俺は当日ハワイにいるので会場にいません。なぜなら文フリ会場はハワイではないので……。文学フリマに来ても俺と握手はできません。悪しからず。

comment (0) @ その他

三角秘文字

2018/11/02
deltarune遊びましたが、現状だとあんま言うことないですね。ぶっちゃけプレイアブルティザーくらいの内容しかないので……。
undertaleからあまりテイストは変わらずToby節みたいな感じなのであれが好きな人はやるといいんじゃないでしょうか。俺は前にも言った通りあのテイストは少々ネアカすぎて好みからやや外れます。
undertaleは好みからやや外れたり、なんか思想的に気にくわなかったりするもののパワーそのものは感じるというか、俺これ好きになりきれねぇけどめっちゃよくできてると思うよ、みたいな気持ちがありましたが現状だとデルタちゃんについてはあんまそういう気持ちないですね。ただほんとに現状プレイアブルティザーくらいの内容でしかないからだと思うので今後次第。

ここから先は俺の中でポリティカルにインコレクトな話題です。
あとインターネットみてて「そうだ……、俺undertaleのファン基本的に嫌いだったわ……」という気持ちをかなりクリアに思い出せました。ネタバレ禁止の願いに対して意味不明ポエム画像によるアンサーが一億個あったのマジで厳しかった。「ネタバレは非難されるべき行為」というインターネットの御旗を掲げる大行進。面倒くさいオタクは面倒くさいと思いますが、しかし面倒くさい一般人(特権意識が透けて笑える語句選択ですね)の発言よりはまだ面倒くさいオタクの発言を見てる方がいいなと思いました。

comment (0) @ 未分類

光1550万プランメモ

2018/10/29
闇で対闇以外はどうもAT1550万達成できるっぽいので、対闇の光1550万のプランを考えるんだけど、何回も計算してるので無駄だしこっちもメモることにした。

上限に関する話として、開幕ジェフティが上限62万のアビダメになる偉さ。

ルリア水着ノイシュは確定だとして、あと一人をどうしようという話になる。
水着ノイシュが指輪LBの関係で2アビの光防デバフ25%確定なのでデバフ下限は容易。
たぶんサポ石はシヴァ。

①サーヴァンツ
二人入れ替わって戦うメイドという部分が個人的に好きなので出来ればこのプランで行きたい。
この場合チェインバースト込みの奥義の上限ダメは
168*1.2*2+216*1.39+290*1.2+170*1.3=1272.44+シヴァ200=1472.44
ここにノイシュ2アビ55万+サーヴァンツアビ38万+70万+ジェフティ62万=225
というわけで圧倒的に1550万は越えられる。
ただなんか適当にトライアルすると正直奥義ダメがちゃんと上限に届く気配が全然ない。
なので次のプランが生まれる。

②フェリ
フェリの奥義上限+15%と奥義ダメ1.6倍の、奥義ダメ部分に頼ろうというプラン。
この場合チェンバ込みの奥義での上限は
168*1.35*3+216*1.54+170*1.15=1208.54+シヴァ200=1408.54
ここにノイシュ2アビ55万+フェリ1アビ33万+ジェフティ62万=150*1.15=172
というわけでめっちゃぎりぎり1550万出るっぽい。
しかしジェフティ62万とかマジでちゃんと出るのか……?

③ATフェリプラン
①と②はメカポンバで考えてたけど、あきらめてAT特化する。メイドはATだとゲージ200%にできないのでダメです。
するとたとえばベルセでレイジIV、ミスト、アマブレIIの構成にして、1-0.13*0.13=98.3%の確立で防デバフが入りきるややギャンブル構成にしておければ
チェンバ込みの奥義上限が
168*1.4*3+216*1.59+170*1.2=1253.04+シヴァ200=1453.04
ここにノイシュ2アビ55万+フェリ1アビ33万+ジェフティ62万=150*1.2=180
で、まあやや余裕をもって1550万をクリアできる。ルリアバフよりもレイジIVの方が効果がやや高いのも偉い。


今考えられてるのはこんな感じ。なんで黄龍槍はメインで持たないと奥義上限が上がらないんだろうな。麒麟弓を見習ってほしい。だいたい闇にはアビススパインがあるのに光には必殺武器がないんだが?? マジで奥義上限を装備で上げにく過ぎる。


奥義ゲージ200の光サビルバラが配布されたので次のプランが生まれた
④非シヴァメカニック
PTは水着ノイシュ、光サビルバラ、サーヴァンツ。ルリアが外れる。
これだと奥義ダメの合計が
168*1.2*3+168+290*1.3+170*1.3=1341.8で
アビダメがノイシュ55+サーヴァンツ(38+70)*1.2+サビルバラ26+26*2(銅鑼考慮の1アビ)=262.6
なので、シヴァ無しでも割と余裕をもって1550万に届く。
良い点は普通にルシ使えるので奥義アビともに上限に届きやすそうなところ。サビちゃんだけSRなのでそこがちょっと怖いけど2アビで自己渾身バフ持ってるのでなんとかしてくれそうなんだよな。
悪い点はポチポチがものすごいこと。バフとか全部乗っけないと上限に届いてくれない場合、メカニック全ポチ、ノイシュ全ポチ(LBで1アビが実質自己バフ)、サビ全ポチ、サーヴァンツ3ポチ(4アビは開幕使えないのでつまり全ポチ)、1召喚ということで13ポチ1召喚です。地獄か??
バフ載せないで済むならメカ3ノイ2サビ3サヴァ2なので10ポチです。
サプ対象が異なる②プランのポチ数はバフ全載せだとメカ3ルリ1ノイ3フェリ2、2召喚なので9ポチ2召喚です。うーん、可能なら断然②のほうがよい。ただ片面シヴァでアビダメが上限に届くのかという問題がある。実は奥義ダメも厳しいのではという話があって、奥義ダメがノイシュの80%UPにフェリの60%が加わって、ノイシュだけの時の240/180=4/3倍になるんだけど、上限も135/120=1.125倍になってるので、上限への届きやすさは1.33/1.125=1.18倍程度になってしまうんだよね。

というかサビルバラが結局なしなのでは。
①プランにSRスター3凸の最終ダメ×1.05があればシヴァじゃなくても
奥義ダメ1272.44*1.05=1366.512
アビダメ225*1.05=236.25
でそれなりの余裕もって届くじゃん。
で、これならフルポチしてもメカ3ルリ1ノイ3サヴァ3、2召喚で10ポチ2召喚だし、バフを減らせる可能性も全然ある。
ATでもメカポチしなきゃいけないのちょっとあれだけど、ATに犬狩りじゃなくてhellと戦えばいいだけだし。
サーヴァンツは奥義上限引ければさらに30万上がり得るのも偉いよな。
というか①の計算サーヴァンツの奥義上限とアビ上限LB考慮に入れてないからもう少し楽だな。まあLBを結構本気で育成しないとだけどそこはしょうがない。

スター3凸できるのかな。光古戦場が2/20あたりだとすると、12/13日のチケットで初のスター戦。
12月:31-13=18なので18+31+20=69。
69/9=7回+13日の1回=8回スターに合えるのでさすがにほぼ確実か。

comment (0) @ 未分類